三種類のサーバーの能力の違いを知って選定

admin   2015年9月29日   三種類のサーバーの能力の違いを知って選定 はコメントを受け付けていません。

共用サーバーでの利用用途

サーバーの選定は大切ですが、サーバーには種類があり、共用、VPS、専用の大きく分けた三種類になります。何れもサイトの規模、機能、負荷、コストなどから選定してくといいでしょう。さて共用サーバーでの利用形態には一台を複数共用した提供にです。メリットとして安価なコスト、最低限の機能が揃っており、メンテナンスを自社でする必要がありません。デメリットとして他社の利用状況で回線速度が影響を受けること、機能を拡張できないなどがあります。目的とするなら負荷が少ない利用などが最適です。

VPSサーバーでの利用用途

VPSサーバーの形態として一台で各企業の仮想専用サーバー構築と共にメリットには用途や負荷などに対応したサーバー機能がある程度拡張できることです。また他社との利用状況でサーバーダウンなどが起きにくくなっておりますが、デメリットにはアップデートなどの作業を自社で行う必要があります。接続回線やハードウェアと共有になっていることから、専用サーバーとしての扱いは難しいかもしれませんが、ある程度の負荷を行う場合には向いているサーバーとも言えます。

専用サーバーでの利用用途

企業一社に一台のサーバーとなる専用でメリットには、やはり占有が可能なので共有ができます。他のサーバーに比べると他社からの利用状況の影響を受けることがありません。また負荷などはサーバー機能に応じて拡張可能となっていますが、デメリットを見るとメンテナンスは全て自社でやらなければいけません。かなりの負荷が見込まれる場合には適したサーバーで、例えば動画配信などのサイトなどが考えられますが、コスト面はやはり高めになっています。

レンタルサーバーを活用すると、自社でサーバーを置く必要がないため、メンテナンス費用や環境維持の必要がないので効率的です。